Henri Ravina: Dernier Souvenir, Pensée poétique Op.31 他2曲

本日(2018/5/20)は、フランスのピアニスト・作曲家アンリ・ラヴィーナの生誕200年ということで、彼の作品を3曲録音してみました。

続きを読む

スポンサーサイト

Stefano Golinelli: Due Canzoni Op.169

「イタリアのバッハ」と呼ばれたピアニスト・作曲家ステファノ・ゴリネッリの《2つの歌 Due Canzoni Op.169》の第1番のMIDIを作成しました。ゴリネッリは、私の一押しの作曲家の一人でありますが、今年は生誕200周年なので、より一層プッシュしていければと思います。

続きを読む

Louis Lacombe (1818-1884)

ルイ・ラコンブ(Louis Trouillon Lacombe, 1818-1884)は、フランスのブールジュ出身のピアニスト・作曲家です。母親からピアノの手ほどきを受けた彼は、わずか7歳で舞台に立つほどの早熟さを示し、父親は息子の才能を開花させようと、1828年にパリへの移住を決意しました。その翌年に、ラコンブはパリ音楽院へ入学し、ジメルマン(Wikipedia)の門下となり、1831年にはピアノの選抜試験で一等賞を獲得してます。

1832年に音楽院を卒業してからは、両親や妹フェリシー(Félicie Lacombe)とともに、フランスやベルギー、ドイツで演奏旅行を行い、至る所で喝采を集めました。1834年にはウィーンを訪れ、そこでチェルニーにピアノを師事し、フィッシュホフ(Wikipedia)の下でバッハやベートーヴェン等の古典作品の演奏解釈を身に付けています。また、ゼヒター(Wikipedia)やザイフリート(Wikipedia)に就いて音楽理論も学んでいます。ウィーンでの滞在を終えると、再び演奏旅行を開始し、1840年まで[?]にはパリに腰を落ち着け、ヴィルトゥオーゾとしてのキャリアを捨てて作曲へと専念しました。パリに戻ってからも、彼の向上心は尽きておらず、バルブロー(Auguste Barbereau, 1799-1879)から和声法のレッスンを受けています。

ラコンブは、多岐のジャンルに渡る作品を手掛けました。1847年に初演された独唱と合唱、管弦楽による劇的交響曲《マンフレッド Manfred》は、ベルリオーズやフェリシアン・ダヴィッド(Wikipedia)らによる描写的な手法を取り入れた作品といわれており、その3年後にも同様の作品《アルヴァ、またはハンガリー人 Arva, ou Les Hongroises》(1850)を発表しています。また、合唱を伴うメロドラマ《サッフォー Sapho》は、1878年のパリ万博で受賞した成功作となりました。他には、《ヴィンケルリート Winkelried》(1892)等の歌劇(大部分は没後に初演された)、ピアノ三重奏曲(Opp.12, 42)、大五重奏曲(Op.26)、弦楽四重奏曲《城》(Op.92)などの室内楽曲、ピアノ曲、歌曲などの作品があります。ラコンブは、批評家としても活動しており、没後には評論集『哲学と音楽 Philosophie et musique』(1896)が刊行されています。

続きを読む

Antoine de Kontski: Ne m'oubliez pas, Romance sans Paroles Op.152

1日遅くなりましたが、今年10月27日に生誕200年を迎えたポーランド出身のピアニスト・作曲家アントワーヌ・ド・コンツキ(Antoine de Kontski, 1817-1899)の小品を録音しました。

続きを読む

Léon Kreutzer: Six Études de Première force Op.4

今回音源を作成したのは、ベートーヴェンの《クロイツェル・ソナタ》の被献呈者として知られるロドルフ・クロイツェルの甥レオン・クロイツェル(1817-1868)による練習曲です。
以前の記事では、彼の名前をクレゼールと表記していましたがクロイツェルに変えました。

レオン・クロイツェルの作品は、以前に《ピアノの体操, 6つの練習曲》という19世紀半ばにして驚異の前衛性を誇る練習曲集を紹介しましたが、今回紹介するのは《6つの卓越の練習曲集 Six Études de Première force Op.4》(IMSLP)という練習曲集です。この練習曲集は《ピアノの体操》に比べるとまだ穏健な作品に思えますが、それでも独創的な作品であることは楽譜を見るだけでも伝わってきます。19世紀には、「caractéristique 性格的」、「de genre 様式の(風俗的)」、「de salon サロン用」など様々な修飾語の付いた練習曲が書かれていますが、「de première force 卓越した、一流の」という語の付いたものはこの作品以外に私は見たことがありません。このようなタイトルにも作曲者の気概が表れているのかもしれません。

続きを読む