FC2ブログ

Oscár de la Cinna (1836-1906)

スペインのピアノ音楽というと、どのようなものが思い浮かぶでしょう。イサーク・アルベニスやグラナドスの作品あたりではないかと思います。では、彼らが現れる以前のスペインのピアノ音楽はどのようなものだったのでしょうか。全くといってよいほど知られていないのが現状でしょう。アルベニスが作曲家として表舞台に立つのは1880年代になってからですが、それ以前となると、ドメニコ・スカルラッティやアントニオ・ソレールなどチェンバロの時代まで遡らないといけないほどかもしれません。すなわち、100年ほどの空白期間が存在しています。

では、18世紀後半から1880年頃にかけてスペインには全くピアノ音楽の作曲家がいなかったのでしょうか。当然、そのようなことはありませんし、決して取るに足らない作品しか生み出されていなかったわけでもありません。いくらか名前を挙げてみます。

ペドロ・アルベニス (Pedro Albéniz,1795-1855)
ニ長調のソナタによって名前が知られるマテオ・アルベニス(Mateo Albéniz, 1755頃-1831)の息子。スペインで初めてピアノ奏法書を刊行した[1]。イサーク・アルベニスとは血縁関係なし。

サンティアゴ・デ・マサルナウ (Santiago de Masarnau, 1805-1882)
アルカンの友人で、《3つの華麗なスケルツォ Op.16》を献呈されている。

ペドロ・ティントレール (Pedro Tintorer, 1814-1891)
ペドロ・アルベニスの弟子で、フランツ・リストからもレッスンを受けた。

フランシスコ・デ・ラ・リバ (Francisco de la Riva, 1816-1876)

マルティン・サンチェス・アルー (Martín Sánchez Allú , 1825-1858)

マルシアル・デル・アダリド (Marcial del Adalid, 1826-1881)

アドルフォ・デ・ケサダ (Adolfo de Quesada, 1830-1888)

エドゥアルド・オコーン (Eduardo Ocón, 1834-1901)

フェリペ・ペドレル (Felipe Pedrell, 1841-1922)
イサーク・アルベニスの師

テオバルド・パワー (Teobaldo Power, 1848-1884)
カナリア諸島出身で、同地の州歌の作曲者

[1] 西原稔『ピアノ大陸ヨーロッパ 19世紀・市民音楽とクラシックの誕生』 p.245

続きを読む

スポンサーサイト

Adolf Gutmann (1819-1882)

本日は、ショパンの弟子として知られるピアニスト・作曲家アドルフ・グートマン(Adolf Gutmann, 1819-1882)の生誕200年ということで彼の作品を録音してみました。

グートマンは、ドイツのハイデルベルクで生まれ、1834年にパリを訪れショパンに師事しました。彼は、ショパンの弟子の中で特別に気に入られ、《スケルツォ第3番 Op.39》の献呈も受けています。普仏戦争以後はイタリアへ移り、1882年にラ・スペツィアにて世を去りました。

グートマンは、作品番号にして60に上るピアノ曲を残しています。ショパンに献呈された《10の練習曲 Op.12》の他、夜想曲、マズルカ、ワルツ、行進曲などの小品があります。

続きを読む

Ferdinand Friedrich (1823-1892)

本日はクリスマス・イヴということで、ドイツのピアニスト・作曲家フェルディナント・フリードリヒ(Ferdinand Friedrich, 1823-1892)による《クリスマス=アルバム, 3つの幻想トランスクリプション、5つのコラール、1つのガヴォット Weihnachts-Album, Drei Fantasie-Transcriptionen, 5 Choläre und 1 Gavotte Op.678》の第1曲〈静かな夜、聖なる夜 Stille Nacht, heilige Nacht〉を録音してみました。お馴染み「きよしこの夜」の初級者向けの平易な編曲です。

フリードリヒについては、以前「作品番号(Op.)が500を超える作曲家たち」の記事で名前を取り上げました。彼は、Op.679までの作品を残しているため、今回録音した《クリスマス=アルバム》は、その一つ前の作品番号に当たる最晩年の作品ということになります。

続きを読む

器楽曲「バラード」の創始者はショパンではなかった!?

 ショパンが器楽曲のタイトルに「バラード」という語を初めて用いたということはよく知られていると思います。しかし、「バラード」というタイトルを器楽曲に用いたのは、実はショパンが最初ではないという可能性が浮上しました。

続きを読む

21世紀にロマン主義で何が悪い

 喧嘩腰な記事タイトルですが、別に何かに怒りをぶつけようしているわけではありません。いわゆる現代音楽に対する個人的な疑問や音楽観を書き連ねたいと思っています。

続きを読む