Emile Prudent: Orphée de Gluck, J'ai perdu mon Eurydice, Transcription

本日はクリストフ・ヴィリバルト・グルックの生誕300年ということで、彼の歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」に基づくエミール・プリューダン(以前の記事)による編曲作品を紹介します。グルックの「オルフェオ」, 私はエウリディーチェを失った, トランスクリプション Orphée de Gluck, J'ai perdu mon Eurydice, Transcription「J'ai perdu mon Eurydice」は、歌劇の第3幕でオルフェオによって歌われるアリアで、「Che farò...
スポンサーサイト

Emile Prudent (1817-1863)

▲Emile Prudentの肖像 Gallica / Bibliothèque nationale de France より 加工・転載エミール・プリューダン(Emile Racine Gauthier Prudent, 1817-1863)は、フランスのピアニスト・作曲家です。彼は、幼くしてピアノ調律師の養子となり、実の両親を知らずに育ちました。育ての親となった調律師から音楽の手ほどきを受けた彼は、10歳でパリ音楽院に入学して、ジメルマン[1]やル・クーペ[2]、ローラン[3]に師事し、1833年にピアノ...

Johann Peter Pixis (1788-1874)

▲Johann Peter Pixisの肖像 Gallica / Bibliothèque nationale de France より 加工・転載ヨハン・ペーター・ピクシス(Johann Peter Pixis, 1788-1874)は、ドイツのピアニスト・作曲家です。オルガニストであった父フリードリヒ・ヴィルヘルム(Friedrich Wilhelm Pixis, 1755-1820)から音楽教育を受け、ヴァイオリニストの兄フリードリヒ・ヴィルヘルム(父と同名, 1785-1842)と共に演奏旅行を行って幼くしてピアニストとして名声...