FC2ブログ

Eugène Ketterer: Soirée vénitienne, Barcarolle Op.138

本日は、フランスのピアニスト・作曲家ウジェーヌ・ケトレールの《ヴェネツィアの夜会, 舟歌 Soirée vénitienne, Barcarolle Op.138》を録音してみました。ケトレールはサロン向けの軽妙な舞曲や感傷的な小品を数多く残しましたが、この《ヴェネツィアの夜会》はその中でも際立った甘美さを湛えた作品です。32分音符の細かなパッセージによって紡がれる煌びやかさも併せ持っています。...
スポンサーサイト

Johann Kafka (1819-1886)

本日はボヘミア出身の作曲家ヨハン・カフカ(Johann Nepomuk Kafka, 1819-1886)の生誕200年ということで彼の作品を録音しました。ノイシュタット・アン。デア・メッタウ(Neustadt an der Mettau、現在のNove Mesto na Metove)生まれたカフカは、最初は法学を志しましたが、音楽の道へ進み、200曲ほどのサロン向けのピアノ小品を残しました。カフカは田園的な作風を好んだのか、牧歌と題された作品が多く、オーストリアを題材にした...

Antoine de Kontski: Ne m'oubliez pas, Romance sans Paroles Op.152

1日遅くなりましたが、今年10月27日に生誕200年を迎えたポーランド出身のピアニスト・作曲家アントワーヌ・ド・コンツキ(Antoine de Kontski, 1817-1899)の小品を録音しました。...

Léon Kreutzer: Six Études de Première force Op.4

今回音源を作成したのは、ベートーヴェンの《クロイツェル・ソナタ》の被献呈者として知られるロドルフ・クロイツェルの甥レオン・クロイツェル(1817-1868)による練習曲です。以前の記事では、彼の名前をクレゼールと表記していましたがクロイツェルに変えました。レオン・クロイツェルの作品は、以前に《ピアノの体操, 6つの練習曲》という19世紀半ばにして驚異の前衛性を誇る練習曲集を紹介しましたが、今回紹介するのは《6つの...

Antoine de Kontski: 3 Méditations Op.71

今回は、ポーランド出身のピアニスト・作曲家アントワーヌ・ド・コンツキの《3つの瞑想曲 3 Méditations Op.71》から第1曲〈ため息 Un soupir〉を演奏してみました。...