Theodor Döhler: Trois polkas originales Op.56

今回は、チェルニーに学んだイタリア生まれの作曲家・ピアニストテオドール・デーラー(Theodor Döhler, 1814-1856)の《3つの独創的ポルカ Trois polkas originales Op.56》より第1曲 カルロッタ Carlottaを録音してみました。デーラーの作品は、これまでに数曲MIDIを作成しましたが、今回録音した曲はそれらとは異なり陽気で可愛らしい小品です。...
スポンサーサイト

音楽と美術における無名作品受容の差

今回は、珍しく音源なしで雑文をしたためてみました。「音楽と美術における無名作品受容の差」について書いていますが、私は美術に関しては門外漢なので、もしかすると、つっこみどころもあるかもしれません。...

Albert Ellmenreich (1816-1905)

本日は、ドイツの作曲家で俳優でもあったアルベルト・エルメンライヒ(Albert Ellmenreich 1816-1905)の生誕200周年ということで、彼の作品を録音してみました。今日、エルメンライヒの名前は、子供のピアノ発表会でお馴染みの小品《紡ぎ歌 Spinnliedchen》一曲のみによって知られています。今回は録音したのは、《深い悲しみと慰め Tiefes Leid und Trost》という作品で、有名な《紡ぎ歌》と同じ《音楽の風俗画, 易しい性格的小品...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。