Edouard Wolff: Nocturne et Romanesca Op.109

今回は、ポーランド出身でパリで活躍したエドゥアール・ヴォルフの《夜想曲とロマネスカ Nocturne et Romanesca Op.109》を録音してみました。この作品は、1845年頃に出版され、S.タールベルク夫人(おそらく、ジギスモント・タールベルクの奥さんでしょう)に献呈されています。...
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。