Louis Lacombe (1818-1884)

ルイ・ラコンブ(Louis Trouillon Lacombe, 1818-1884)は、フランスのブールジュ出身のピアニスト・作曲家です。母親からピアノの手ほどきを受けた彼は、わずか7歳で舞台に立つほどの早熟さを示し、父親は息子の才能を開花させようと、1828年にパリへの移住を決意しました。その翌年に、ラコンブはパリ音楽院へ入学し、ジメルマン(Wikipedia)の門下となり、1831年にはピアノの選抜試験で一等賞を獲得してます。1832年に音楽院を卒業...
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。