FC2ブログ

Oscár de la Cinna (1836-1906)

スペインのピアノ音楽というと、どのようなものが思い浮かぶでしょう。イサーク・アルベニスやグラナドスの作品あたりではないかと思います。では、彼らが現れる以前のスペインのピアノ音楽はどのようなものだったのでしょうか。全くといってよいほど知られていないのが現状でしょう。アルベニスが作曲家として表舞台に立つのは1880年代になってからですが、それ以前となると、ドメニコ・スカルラッティやアントニオ・ソレールなど...
スポンサーサイト

Adolf Gutmann (1819-1882)

本日は、ショパンの弟子として知られるピアニスト・作曲家アドルフ・グートマン(Adolf Gutmann, 1819-1882)の生誕200年ということで彼の作品を録音してみました。グートマンは、ドイツのハイデルベルクで生まれ、1834年にパリを訪れショパンに師事しました。彼は、ショパンの弟子の中で特別に気に入られ、《スケルツォ第3番 Op.39》の献呈も受けています。普仏戦争以後はイタリアへ移り、1882年にラ・スペツィアにて世を去りました...