FC2ブログ

Paul Henrion (1819-1901)

一日遅れましたが、昨日7月20日は、フランスの作曲家ポール・アンリオン(Paul Henrion, 1819-1901)の生誕200年ということで、彼の作品を録音してみました。

アンリオンは、パリで生まれ、11歳の時には兄の時計工房の徒弟となりましたが長くは続かず、郊外の劇場での出演の申し出を受け、それから地方の小さな町々でも舞台に立ちました。4年に及ぶ放浪期間を経てパリに戻り、その頃から音楽を学び始めました。アンリ・カール(Henri Karr, 1784-1842)にピアノを師事し、盲目のオルガニスト、モンクトー(Pierre François Moncouteau, 1805-1871)に和声法を師事しています。

1840年には、歌曲作曲家としてデビューし、ロマンス《一日 Un jour》の成功によって流行の作曲家となりました。生涯で残した歌曲の数は1000曲を超えるといわれています。

アンリオンは、《ドナウ川での出会い Une rencontre dans le Danube》(1854)、《クラリネット奏者の羨望 Une envie de clarinette》(1871)、《愛ゆえの歌手 La chanteuse par amour》(1877)等のオペレッタも手掛けましたが、歌曲のような成功を収めることはできなかったそうです。また、彼はピアノのための小品も残しています。今回録音した《夕べ, 夜想曲 Le soir, Nocturne Op.26》もその一つです。


夕べ, 夜想曲 Le soir, Nocturne Op.26》は、1857年に出版された作品と思われます。楽譜は古楽譜店で購入したものを参照しました。

henrion_op26_sheetmusic.jpg
▲Paul Henrion 《Le soir, Nocturne Op.26》 Colombier社の出版譜


夕刻を告げる鐘の音を思わせる前奏で始まり、牧歌的な穏やかな楽想が続きますが、途中には田園舞曲のような夜想曲とは思えないリズミカルな楽想も現れます。夕べのほのぼのとした楽しみを描いたような平和な雰囲気の小品です。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント