Carl Heinrich Weber (1819-1892)

カール・ハインリヒ・ウェーバー(Carl Heinrich Weber, 1819-1892)は、ドイツのコブレンツに生まれ、アメリカのデンバーで没した作曲家のようですが、あまり詳しいことはわかりませんでした。今回紹介するピアノ曲「嵐」が高い人気を得ていたようです。



嵐, 自然の模写 The Storm, An Imitation of the Nature

羊飼いが歌を奏でていると、徐々に雷鳴が接近し、風が吹き荒れ、半鐘も鳴りだす…といった様子をリアリスティックに描いた作品です。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。