Henri Van Gael (1860-1918)


アンリ・ヴァン・ゲール(Henri Van Gael, 1860-1918)は、ベルギーの作曲家です。サロン向けのピアノ小品を多数残していますが、生涯などについて詳しいことはわかりませんでした。今日では、「蝶々」という初級者向けのピアノ小品が親しまれています。



月桂樹, 6つのアルバムの綴り Le Laurier, Six Feuilles d'Album Opp.51~56 より No.1 心の声, ロマンス La Voix du Cœur, Romance Op.51



中国趣味, 6つの易しい小品 Chinoiseries, Six morceaux faciles Opp.72~77 より No.6 陶製人形 Les Magots Op.77



蝶々, 3つの小品 Les Papillons, Trois morceaux Opp.94~96 より No.1 タラントの祝祭 Une fête à Tarente Op.94

Op.94は、「蝶々 Les Papillons」という題で今日でも発表会等でよく演奏されている小品です。しかし、実は、「蝶々」というのは、Opp.94~96の3曲を収めた曲集のタイトルで、Op.94に個別に付けられたタイトルは、「タラントの祝祭 Une fête à Tarente」というものなのです。ですから、この曲は、蝶々が舞う様子を描いた(とある楽譜の解説でも「ひらひらと飛びかう蝶々を描いている」と書かれている)というよりは、タラントという町の名に由来する舞曲、タランテラを踊っている様子を描いた作品なのかもしれません。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。