Emile Prudent: Orphée de Gluck, J'ai perdu mon Eurydice, Transcription

本日はクリストフ・ヴィリバルト・グルックの生誕300年ということで、彼の歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」に基づくエミール・プリューダン(以前の記事)による編曲作品を紹介します。

グルックの「オルフェオ」, 私はエウリディーチェを失った, トランスクリプション Orphée de Gluck, J'ai perdu mon Eurydice, Transcription

「J'ai perdu mon Eurydice」は、歌劇の第3幕でオルフェオによって歌われるアリアで、「Che farò senza Euridice」という伊題および「エウリディーチェを失って」という邦題でも知られています。この編曲は、原曲のハ長調から変ホ長調に移調され、前奏部分が省かれてはいますが、概ね原曲の構成や雰囲気を忠実に再現したものとなっています。プリューダンの他の多くのパラフレーズ作品に見られる華麗な要素は見受けられません。とはいえ、演奏は容易ではなさそうです。特に、左手には10度の和音が頻繁に出てくるので、手が大きくないと弾くのが困難でしょう。




楽譜はこちらにあります。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。