クリスマス関連の小品3曲

本日は、12月25日ということで、クリスマス関連の曲のMIDIを3つ作成しました。いずれも、バイエル程度の難易度の大変易しく短い小品です。


Franz Behr: クリスマス・タイム Christmas-Time

作曲者のフランツ・ベーア(1837-1898)については、以前にも取り上げました。
この作品が収録されていたのは、全音楽譜出版社の『こどものベール』という少し古い曲集で、恐らく、現在は絶版になっているのではないかと思われます。僅か15小節のコラール風の小品です。


Theodora Dütton: クリスマスの秘密 Christmas Day Secrets

テオドーラ・デュットン(1870-1934)は、アメリカの女流作曲家です。デュットンというのはペンネームで、本名はBlanche Ray Aldenといいます。

この曲は、国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能な『世界音楽全集 第3巻 家庭音楽集』に収録されています。


Paul Hiller: クリスマス・ツリーの下で Unterm Weihnachtsbaum Op.66-5

パウル・ヒラー(1850-1924)は、ドイツのオルガニスト・作曲家です。1870年から、ブレスラウにあるマグダラの聖マリア教会でオルガニストを務めました。フェルディナント・ヒラー(以前の記事)と関係があるのかどうかはわかりませんでした。

『クリスマスツリーの下で』を含んだOp.66は、『子供時代から, 12の小さく易しい教育用の練習曲
Aus der Kinderzeit, Zwölf kleine leichte Übungsstücke zum Gebrauch beim Unterricht』という小品集のようです。

この曲もまた、国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能な『世界音楽全集 第49巻 初等ピアノ曲集』に収録されています。


なお、『クリスマスの秘密』『クリスマスツリーの下で』の2曲は、全音楽譜出版社の『バイエルの友 ピアノ小品55曲集』にも収録されています。そもそも、この『バイエルの友』は、曲目のラインナップから察するに、『世界音楽全集』を参考に編集された可能性が高いと思われます。『世界音楽全集』において『クリスマスツリーの下で』の原題がUnterm Wechnachtsbaumと誤植されているのが、『バイエルの友』においても同様になっていることは決定的な証拠といえそうです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント