Carl Czerny: Album élégant des Dames-Pianistes, 24 Morceaux mélodieux Op.804 - No.3 Arabella

今回は、カール・チェルニーの《婦人ピアニストの優雅なアルバム, 24の旋律豊かな小品 Album élégant des Dames-Pianistes, 24 Morceaux mélodieux Op.804》から第3曲〈アラベラ Arabella〉を録音しました。

この曲集は、作品番号からもわかるようにチェルニーの晩年の作品で、1850年代の初頭に出版されたものと思われます。副題で「旋律豊か」と述べられている通り、甘美な旋律を持ったロマンティック小品が多く含まれており、今日知られている練習曲とは違ったチェルニーの一面が窺える作品です。各曲には、Euphrosine、Hortense、Malvina、Isabelleなど、女性の名前がタイトルとして付けられています。


楽譜は以下のリンク(コーブルク公立図書館)より閲覧できます
第1巻(Nos.1-12) 第2巻(Nos.13-18) 第3巻(Nos.19-24)


今回演奏した第3曲の〈アラベラ〉は、夜想曲風の作品で、感傷的なメロディーが二重唱のように掛け合います。
どういうわけか、この曲は、初版から30年以上経った1883年にP.J. Tonger社からB. Cooper(IMSLPではFranz Behrの筆名ということになっている)作曲の《会話 Zwiegespräch》として出版されているようです。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。