Albert Loeschhorn (1819-1905)

ピアノ練習曲のみによって今日に名を残している作曲家は少なくありません。例えば、F.ブルグミュラーH.ベルティーニ、ル・クーペ、ベレンス、J.B.デュヴェルノワといった作曲家たち。今回紹介するアルベルト・レシュホルン(Carl Albert Loeschhorn, 1819-1905)もそのような一人でしょう。

レシュホルンは、音楽家の息子としてベルリンに生まれ、5歳から音楽を学び始めてたちまち才能を開花させました。1837年からはメンデルスゾーンの師として知られるルートヴィヒ・ベルガー(Wikipedia)に師事し、ベルガーの死後は王立教会音楽学校でA.W.バッハ(Wikipedia)、グレル(Eduard Grell, 1800-1886)、ベルガーの弟子であったキリッチギー(Rudolph Killitschgy, 1797頃-1851)の下で学習を継続しています。1851年にキリッチギーが亡くなると、レシュホルンはその後任の講師となり、1858年には教授に就任しました。また、彼は1846[1847?]年にシュタールクネヒト兄弟(Adolf Stahlknecht, 1813-1887, ヴァイオリニスト; Julius -, 1817-1892, チェリスト)とトリオを結成し、1853年にはロシアへの演奏旅行も実施し成功を収めています。

レシュホルンは、作品番号にして200に及ぶ作品を残しましたが、そのほとんどがピアノ曲で、サロン向けの小品の他、練習曲やソナタ、ソナチネのような教育的作品があります。また、『ピアノ文献の道標 Wegweiser in der Pianoforte-Literatur』(1862, J.ヴァイスとの共著)や『ピアノ文献の手引書 Führer durch die Klavierliteratur』(1885[1886?])のような著作も出版したそうです。

ちなみに、ピアノの発表会でお馴染みの《花の歌》の作曲者グスタフ・ランゲはレシュホルンの弟子の一人でした。

続きを読む

Antoine de Kontski: 3 Méditations Op.71

今回は、ポーランド出身のピアニスト・作曲家アントワーヌ・ド・コンツキの《3つの瞑想曲 3 Méditations Op.71》から第1曲〈ため息 Un soupir〉を演奏してみました。

続きを読む

Edouard Wolff: Souvenir d'Auvergne, Bourrée Op.311

本日はポーランド出身の作曲家エドゥアール・ヴォルフの生誕200年ということで、彼の《オーヴェルニュの思い出, ブーレ Souvenir d'Auvergne, Bourrée Op.311》という作品のMIDIを作成してみました。

続きを読む

Ferdinand Waldmüller (1816-1885)

今年は、オーストリアのピアニスト・作曲家そして画家でもあったフェルディナント・ヴァルトミュラー(Ferdinand Waldmüller, 1816-1885)の生誕200年です。IMSLPによれば、本日9月11日が誕生日だそうですが、他の資料では9月1日となっています。

彼の父フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー(Ferdinand Georg Waldmüller, 1793-1865, 英Wikipedia)はビーダーマイヤー期のオーストリアの有名な画家で、代表作として以下のような晩年のベートーヴェンを描いた肖像画があります。クラシックファンなら見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

portrait_of_beethoven_waldmuller.jpg
▲Ferdinand Georg Waldmüller『ベートーヴェンの肖像』(1823) (https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Beethoven_Waldmuller_1823.jpg より 加工・転載)

続きを読む

Léopold de Meyer: Grillen-Polka Op.130


今回は、「ライオン・ピアニスト」という渾名で知られたピアニスト・作曲家レオポルド・ド・マイヤーの《蟋蟀こおろぎポルカ Grillen-Polka Op.130》という作品を録音してみました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。